全国の初詣で人出の多い寺社をご紹介いたします。

2020年の初詣は、たくさんの人が新年の開運祈願に訪れます。

そこで今回は、初詣で人出の多い寺社をランキングでまとめてみました。

人気の寺社へ家族や大切な人と出掛けてみませんか?

 

【2020年度】初詣におススメの寺社 全国人出ランキングベスト10!

10位 太宰府天満宮『福岡県太宰府市』《200万人》

菅原道真が祀られている太宰府天満宮は、学問の神様として知られる神社で「学問・至誠・厄除けの神様」として世の崇敬を集め、受験シーズンになると多くの参拝者が訪れます。

四季折々の自然や、頭を撫でると知恵が授かる「御牛神」など見どころがたくさんあります。

初詣に訪れる参拝者数は九州一番で、例年200万人ほどが訪れています。

アクセス方法及び基本情報
▼アクセス
『西鉄福岡(天神)駅からの場合』
・西鉄福岡(天神)駅⇒西鉄天神大牟田線⇒西鉄二日市駅⇒西鉄太宰府線⇒太宰府駅⇒徒歩⇒太宰府天満宮
『JR博多駅からの場合』
※JR博多駅より西鉄太宰府駅までの直行便バスが新設されました。これは便利ですね!
・博多駅より徒歩3分⇒博多バスターミナル⇒西鉄バス(約42分)⇒太宰府駅⇒徒歩⇒太宰府天満宮
『お車の場合(九州自動車道)』
・「太宰府I.C」から約6km(約15分)
・「筑紫野I.C」から約5km(約20分)
▼拝観時間
開門時刻 春分の日3月20日(金)」より
秋分の日「9月22日(火)」
前日まで『2020年の場合』
6時00分
上記以外の日 6時30分
閉門時刻 4月・5月・9月・10月・11月 19時00分
6月・7月・8月 19時30分
12月・1月・2月・3月 18時30分
毎週金曜日・土曜日 20時00分
正月期間の開門・閉門時刻(12月31日~1月4日)について
12月31日は6時30分に開門し、お正月三ヶ日は24時間開門しています。
1月4日の夜はご参拝の状況により、閉門します。
▼所在地
818-0117
福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号
▼お問合せ先
TEL:092-922-8225(9時~17時)

 

9位 武蔵一宮 氷川神社『埼玉県さいたま市』《210万人》

武蔵一宮 氷川神社は関東に約280ある氷川神社の総本社です。

創建は今から2400年以上も前とされており、須佐之男命(スサノオノミコト)・稲田姫命(イナダヒメノミコト)・大己貴命(オオナムチノミコト)を御祭神として3柱の神様がお祀りされています。

約2kmもある参道沿いには、だんご屋さんなど様々なお店が軒を並べており、参拝者を楽しませています。

初詣に訪れる参拝者数は、例年210万人ほどが訪れています。

アクセス方法及び基本情報
▼アクセス
『電車の場合』
・JR大宮駅東口から徒歩約15分
・「東武アーバンパークライン(東武野田線)北大宮駅」から西駐車場まで徒歩約10分
『お車の場合』
・首都高速道路 「さいたま新都心西I・C」から約15分
・東北自動車道 「岩槻I・C」から約20分
▼拝観時間
春秋(3,4,9,10月)  5:30~17:30 
夏( 5~8月)          5:00~18:00 
冬(11~2月)      6:00~16:30 
▼所在地
330-0803
埼玉県さいたま市大宮区高鼻町1-407
▼お問合せ先
TEL:048-641-0137(9時~16時)

 

8位 熱田神宮『愛知県名古屋市』《230万人》

熱田神宮は名古屋の主要観光地であり、パワースポットとしても知られています。「熱田さん」の名で古くから親しまれている名社です。

創建は景行天皇43年(113年)創建と伝えられています。拝殿の奥に見えるのが本殿であり、こちらにご祭神である熱田大神が鎮まっています。熱田大神は、三種の神器の一つである草薙剣(くさなぎのみつるぎ)を神体とする天照大神とされています。

初詣に訪れる参拝者数は、例年230万人ほどが訪れています。

アクセス方法及び基本情報
▼アクセス
『電車の場合』
・名鉄名古屋本線「神宮前駅」西口⇒熱田神宮 徒歩3分
・JR東海道本線「熱田駅」出口⇒熱田神宮 徒歩3分
・名古屋市営名城線「神宮西駅」2番出口⇒熱田神宮 徒歩1分
・名古屋市営名城線「伝馬町駅」1番出口⇒熱田神宮 徒歩4分
『お車の場合』(名古屋高速)
・呼続インター ⇒ 堀田通り「地下鉄堀田」交差点左折し国道1号線へ「伝馬町」交差点右折、直進すぐ「東門駐車場」着
・堀田インター ⇒ 堀田通り「地下鉄堀田」交差点右折し国道1号線へ「伝馬町」交差点右折、直進すぐ「東門駐車場」着
・白川インター ⇒ 「若宮北」交差点右折し国道19号線へ直進約5㎞、「旗屋町」交差点過ぎてすぐ「西門駐車場」着
▼拝観時間
終日閉門はなし(24時間参拝可能

▼所在地
〒456-0031

愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
▼お問合せ先
TEL:052-671-4151

 

7位 住吉大社『大阪府大阪市』《260万人》

住吉大社の創建は神功皇后摂政11年(211年)頃とされています。全国に約2,300社もある住吉神社の総本社であり1,800年もの長い歴史があります。

昔から「すみよっさん」という愛称で呼ばれており、地元はもちろん国内外からも多くの参拝者が訪れる近畿地方では伏見稲荷大社に次ぐ人気スポットです。

毎月最初にくる辰の日には「初辰(はったつ)まいり」が開催され、商売発達(はったつ)と家内安全など、ご利益があると多くの参拝者で賑わい有名行事になっています。

初詣に訪れる参拝者数は、例年260万人ほどが訪れています。

アクセス方法及び基本情報
▼アクセス
(南海鉄道)
・南海本線住吉大社駅から東へ徒歩3分
・南海高野線住吉東駅から西へ徒歩5分
(阪堺電気軌道)
・阪堺線 住吉鳥居前駅から徒歩すぐ
※こちらは路面電車になります

▼拝観時間

(開門時間)
4月~9月   午前6時00分
10月~3月   午前6時30分
※毎月1日と初辰日は午前6時00分に開門いたします。
(閉門時間)
外周門 午後4時00分
御垣内 午後5時00分1年中
▼所在地
558-0045
大阪府大阪市住吉区住吉2丁目9-89

▼お問合せ先
TEL:06-6672-0753

 

6位 伏見稲荷大社『京都府京都市』《270万人》

「お稲荷さん」と親しまれる伏見稲荷大社は、全国に約3万社もある稲荷神社の総本宮です。

数多くある神社の中でも最強の金運&出世運アップと言われ大人気のパワースポットです。

そんな伏見稲荷大社の1番の見どころといえば、やはり千本鳥居」でしょう。朱塗りの鳥居が数多く連なる光景には圧倒されます。

これは江戸時代以降に、願いごとが「通るように」、「通った」というお礼をこめて、鳥居を奉納する習慣が広まったことによるものだそうです。

初詣に訪れる参拝者数は、例年270万人ほどが訪れており、近畿地方では1番参拝者数の多い初詣スポットになっております。

アクセス方法及び基本情報
▼アクセス
『電車の場合』
・JR奈良線 稲荷駅下車⇒徒歩直ぐ (京都駅より5分)
・京阪本線 伏見稲荷駅下車⇒東へ徒歩5分
『市バスの場合』
・南5系統 稲荷大社前下車 東へ徒歩7分
『お車の場合』
・(名神高速道路) 京都南インターから約20分
・(阪神高速道路) 上鳥羽出口から約10分

▼拝観時間
終日閉門はなし(24時間参拝可能

▼所在地
612-0882
京都市伏見区深草薮之内町68番地

▼お問合せ先
TEL:075-641-7331

いよいよ5位から1位のランキング発表です!

おすすめの記事