今や世界中から愛され利用されている動画配信サービスYouTube(ユーチューブ)

そのYouTubeで動画を配信している人をユーチューバー(YouTuber)と言います。

若い世代を中心に大変人気があり、中学生男子でなりたい職業の第3位に選ばれるなど、人気急上昇中の職業の1つです。

そこで今回、どうすればユーチューバー・(YouTuber)になれるのか、

その方法についてまとめてみました。

ユーチューバー・YouTuberになる方法は?

まず、みなさんは知っている事とは思いますがユーチューバーとは何か?

分かりやすく説明すると、

YouTubeに動画を投稿して、生計を成り立たせている人」のことを一般的に言います。

自分が投稿した動画の再生回数や広告を載せて、その広告で収入を得る職業です。

ではユーチューバーになるには、資格は必要なの?

専門的な資格や学歴などは必要ありません。

カメラやスマホを使って動画を撮影し、ユーチューブに動画を投稿することが出来れば、誰でもユーチューバーになることは可能です。

しかし、簡単にユーチューバーになれても、生計を立てていくためには、並大抵なことではありません。

成功できる人はほんのわずか

ユーチューブに投稿した再生回数による収益は、「1再生あたり0.1円」程度と一般的に言われています。

しかし、近年では多くのユーチューバーが存在します。その中で毎日多くの動画がアップされており、ほとんどが再生回数1000回も満たない動画がほとんどだと言われています。

当然、生計を立てる程の収入は得られず、現実的には本業をやりながら、副業としてやっている人がほとんどです。

成功するためには、面白い動画を作るにはどうすればいいか、集客方法はなど工夫が必要です。

動画を配信し続けることが大切であり、1日1本は配信し続けるくらいの努力と覚悟が必要です。

そうしたなかでも成功できるのは、ほんの一握りの人だけといわれています。

スマホだけでも配信は可能

ユーチューブ(YouTube)で動画を配信するには、スマホだけでも配信することができます。

近年のスマホは、非常に性能が優れており高画質で撮影することが出来るので、スマホを使った動画もユーチューブ(YouTube)でアップされています。

ただし、スマホで動画を撮影する時は、固定をして手振れに気を付けるようにしましょう。

ビデオカメラなどの機材がおススメ

先に述べた通りユーチューブ(YouTube)に配信するにはスマホでも十分対応可能ですが、動画の内容によってはスマホの能力では限界が生じます。

スマホ以上のキレイな画質やきめ細かな動画を配信したい場合は、ビデオカメラなどの機材を使用することをおススメします。

またビデオカメラとは別に、動画を編集するためにはパソコンと動画の編集ソフトが必要になります。

本格的にユーチューバー(YouTuber)として動画配信をするのであれば、ジャンルとアイデアを選定しておき、機材の準備も必要になります。

 

≪合わせてこちらの記事も参考にしてください≫

まとめ

いかがでしたか?

自分の好きなことで有名になることも夢ではなく、かつ収入も得ることができるユーチューバー(YouTuber)

しかし、現実的に成功できる人はほんのわずかであり、リスクを背負うこともあります。

さらにYouTubeで収入を得るためには条件があります。

それはGoogleが提供しているオンライン広告「Googleアドセンス広告」です。これを取得するためには2018年1月に発令された条件があり以前よりも厳しくなっています。

  • 過去12か月間の総再生時間が4,000時間以上
  • チャンネル登録者数が1,000人以上

となっています。

これからユーチューバー(YouTuber)を目指す方は、副業程度と考える方が、継続性もあり楽しく配信できるのではないでしょうか。

そこから何らかのチャンスが訪れることもありますので、成功を目指して取り組んでみましょう!

 

おすすめの記事