みなさん、クリスマスと言えば何を想像しますか?

それは、なんといってもクリスマスツリーですよね!

これを無くしてクリスマスは語れませんよね!

各地でキレイに飾り付けられたクリスマスツリーがお披露目されますが、

家で飾るクリスマスツリーも、キレイに飾り付けしたいですよね?

そこで今回は、クリスマスツリーキレイに魅せる飾り方のコツをまとめました。

これであなたも、クリスマスツリー装飾マスターの一員になれます!

飾り付けの順番は?

クリスマスツリーの飾り付けで、よく失敗するのが思いつきで飾り付けをしてしまうこと。

まずは全体像をイメージしてみましょう!

クリスマスツリーをキレイに飾るには、次の3つの準備が大切になってきます。

  • クリスマスツリーの組み立て
  • ツリーに合わせ電飾の数を決めること
  • オーナメントの数と色を決めること

それではさっそく、クリスマスツリーの飾り付けを始めてみましょう! 

クリスマスツリーの組み立て

最初にクリスマスツリーを組み立てます。

組み立てが終了したら、ツリーの枝葉を広げていきます。この時に、ツリー全体が三角形になるように、

下側の枝葉は地面と平行に、上側の枝葉は上向きにすると、

全体がキレイな三角形になります。

ツリーが元気に覆い茂っているよう、バランスよく枝葉を広げていきましょう。

ツリーに合わせ電飾の数を決めること

電飾はツリーの高さに合わせて、飾り付ける電飾の数を決めて行きます。

目安としては、ツリーの高さを基準にします。

  • 120㎝:4cm~6cmのボールを40個~60個程度
  • 150㎝:5cm~7cmのボールを60個~70個程度
  • 180㎝:6cm~8cmのボールを60個程度

がよろしいでしょう。

電飾を付けすぎると、オーナメントを付けにくくなったりしますので

あまり電飾を付けすぎない方がいいですね。

オーナメントの数と色を決めること

あらかじめオーナメントの数と色を決めておきます。

オーナメントカラーが、クリスマスツリーの雰囲気を左右することを覚えておくと良いでしょう。

そしてオーナメントに合った電球色を選ぶ 。

使用する色は3〜4色までとし、ワンポイントで違う色を使うと、キレイなクリスマスツリーになります。

オーナメントは大小あるので、

大きいオーナメントは10〜15個、

小さいオーナメントは20〜30個と、

ツリーのサイズに合わせて数を決めると良いでしょう。

少な目に飾り付けをして、全体を見ながら 一度離れたところから眺めてみる

それから飾り付けを増やしていくやり方のほうが、

バランスの取れた素敵なクリスマスツリーに仕上がりますよ。

センスのある飾り付けとは?

クリスマスツリーを組み立てたら、いよいよ飾り付けです。

飾り付けは、

  • 電飾を飾り付ける
  • オーナメントを飾り付ける
  • ツリースカートを飾り付ける

の順番で全体のバランスを見ながらすすめていくと、良い飾り付けが出来ていきますよ。

電飾を飾りつける

電飾は、ツリーの上から下に向けて飾り付けします。

らせん状に巻いていくのが、簡単でおすすめです。

飾り付けをする前に、しっかりとライトが全部つくか、チェックしておくといいですね。

オーナメントの飾り付け

オーナメントは、

  1. 大きいオーナメント
  2. 小さいオーナメント
  3. ガーランドなどの巻き物系

の順番で飾り付けをします。

大きいオーナメントは、ジグザグに配置しながら、
上から順番に飾っていきます。

その後、大きいオーナメントの間に、小さいオーナメントを
隙間を埋めるように飾っていきます。

最後に、ガーランドやリボンなど、巻き物系のオーナメントを
ツリーに巻いて完成となります!

※ガーランドとは、キラキラとした紐状のかざり物の事を言います。

 

ここまで飾り付けをして、まだオーナメントが余っているようでしたら、
全体のバランスを見ながら飾っていきます。

小さいオーナメントは上に、大きいオーナメントは下に飾り付けをすると
バランスの取れたキレイなクリスマスツリーに仕上がりますよ。

ツリースカートを付ける

ツリースカートは市販の物を使ってもいいですが、

無い場合は、不要になったクリスマスの柄に近い物、

白やラメが入った布を使ってもいいでしょう。

電飾のコードなど、足元をかくすように覆い、スッキリとした状態に仕上げましょう!

 

≪合わせてこちらの記事も参考にしてください≫

まとめ

みなさん、いかがでしたか?

以上が、クリスマスツリーキレイに魅せる飾り方のコツになります。

これらのコツをマスターしていただくだけでも、クリスマスツリーの見栄えは劇的に変化します。

どうぞ、今年のクリスマスは例年以上に飾り付けに磨きをかけて、素敵なクリスマスツリーを完成させてくださいね!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

おすすめの記事