富士本栖湖リゾート「富士芝桜まつり」は、雪の残る世界遺産、富士山との共演が楽しめるイベントです。

首都圏最大級、約80万株の芝桜が富士山をバックに広大な敷地に咲き誇ります。

2020年も「富士芝桜まつり」が開催され、期間中は「展望足湯」や「富士山うまいものフェスタ」でご当地グルメなど各種イベントが開催されます。

そこで今回、富士本栖湖リゾート「富士芝桜まつり」のアクセス方法や営業時間など解説していきます。

「富士芝桜まつり」アクセス方法は

「富士芝桜まつり」開業期間限定JR新宿駅新南口改札の上にある、

バスターミナルバスタ新宿」から

「富士芝桜まつり会場」まで直通バスが出ています。とても便利ですね。

所要時間は約2時間25分となります。

また、首都圏や静岡方面からもシャトルバスが河口湖駅まで運行しています。

河口湖駅からは、開業期間限定「芝桜ライナー」で「富士芝桜まつり会場」まで行く事ができます。

会場へは約40分程度で到着します。

その他、電車や車など富士芝桜まつり会場までのアクセス方法をご案内いたします。

【アクセス方法】
▼アクセス
【バスの場合】
JR新宿駅新南口バスターミナル「バスタ新宿」より「富士芝桜まつり会場」まで直通バス運行
 ※但し「富士芝桜まつり」開業期間限定運行
・首都圏や静岡方面から河口湖駅まで運行
 そこから開業期間限定「芝桜ライナー」で会場まで約40分
【電車の場合】
・JR中央線 新宿駅から特急「富士回遊」乗車 富士急行線河口湖駅で下車
 ※直通です
新宿駅からJR中央線特急「かいじ」または「あずさ」乗車、
 「大月駅」で富士急行線に乗換え富士急行線河口湖駅で下車
【車の場合】
 東京方面から
中央自動車道「高井戸IC」より大月JCT経由「河口湖IC」より国道139号線で約25分
・東名高速道路「東京IC」より「富士IC」降車 国道139号線で約50分
 名古屋方面から
 東名高速道路「小牧IC」より「富士IC」降車 国道139号線で約50分
 ※駐車場は混雑により入場を制限し、周辺の臨時駐車場にご案内する場合があります。
 ※富士芝桜まつり期間中、周辺道路が非常に混雑する場合があります。
 出来る限り公共交通機関(鉄道・バス)をご利用ください。
【その他】
 ※カーナビをご利用の方は
 「富士本栖湖リゾート」とご入力ください。
・表示されない場合は
 「本栖ハイランド」とご入力ください。
・電話番号検索をする場合は
 「0555-89-2127」を設定してください。
※詳しくはこちらの
を参照ください。

「富士芝桜まつり」営業時間など紹介

入園時間は8時00分から17時00分になります。

営業時間その他基本情報
▼開催期間 
 2020年4月18日(土)~5月31日(日)
▼入園時間
 8:00~17:00
開花状況等により期間・営業時間が変更になる場合があります。
▼入園料
 おとな(中学生以上) 800円
 こども(3歳以上)     250円
 ※障害者手帳をお持ちのお客様は、
 おとな550円、こども230円になります。
▼駐車場
 約1,500台(有料)
 普通車  500円
 大型車  2000円
 バイク   300円
▼住所(会場)
 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212
 (富士本栖湖リゾート)
▼TEL(問合せ)
 0555-89-3031
(富士芝桜まつり事務局)
≪合わせてこちらの記事も参考にしてください≫

まとめ

富士芝桜は見頃の時期になると大変混雑しますが、それでも十分見る価値があります。

雄大な富士山をバックに、日本でしか見られない絶景を堪能できます。

周辺には観光名所もありますので、合わせて楽しんで行ってください。

 

おすすめの記事