2020年のゴールデンウイークは飛び石の休みが多く、まとまった連休とはなりませんでしたね。

そこで、2021年のゴールデンウィークは何連休になるのか、カレンダーなどを参考にしながら、有給休暇をどこで何日使うと連休を増やせるかなど、詳しく解説いたします。

2021年のカレンダーを確認

まずはじめに、4月と5月のカレンダーを確認してみましょう。

2021年は5月が5連休となっており、5連休は確保できそうですね

それではゴールデンウィーク前後の休日を見てみましょう。

日 付 平日・休日
4月29日(木) 祝日(昭和の日)
4月30日(金) 平日
5月1日(土) 土日祝
5月2日(日) 通常休日
5月3日(月) 祝日(憲法記念日)
5月4日(火) 祝日(みどりの日)
5月5日(水) 祝日(こどもの日)
5月6日(木) 平日
5月7日(金) 平日
5月8日(土) 土日祝
5月9日(日) 通常休日

有給休暇を使って大型連休に

有給休暇をどこで何日使うか、組み合わせ次第で大型連休にすることができます。

有給休暇を1日使った場合

有給休暇を1日使った場合、7連休を取得することができます。

4月29日の昭和の日から連休を取得したい場合、4月30日に有給休暇を組み合わせれば、

7連休をとることができます。

  1. 4月29日(木)  祝日(昭和の日)
  2. 4月30日(金)  平日(有給休暇)
  3. 5月1日(土)     土日祝
  4. 5月2日(日)   通常休日
  5. 5月3日(月)    祝日(憲法記念日)
  6. 5月4日(火)    祝日(みどりの日)
  7. 5月5日(水)    祝日(こどもの日)

※土曜日が休日勤務体系の場合に限ります。

有給休暇を3日使った場合

有給休暇を3日使った場合、上記のパターンを組み合わせれば、

11連休を取得することができます。

  1. 4月29日(木)  祝日(昭和の日)
  2. 4月30日(金)  平日(有給休暇)
  3. 5月1日(土)     土日祝
  4. 5月2日(日)   通常休日
  5. 5月3日(月)    祝日(憲法記念日)
  6. 5月4日(火)    祝日(みどりの日)
  7. 5月5日(水)    祝日(こどもの日)
  8. 5月6日()     平日(有給休暇)
  9. 5月7日(金)    平日(有給休暇)
  10. 5月8日(土)          土日祝
  11. 5月9日()         通常休日

※土曜日が休日勤務体系の場合に限ります。

 

≪合わせてこちらの記事も参考にしてください≫

まとめ

いかがでしたでしょうか。

2021年は5月が5連休となっており、5連休は確保できそうですね

有給休暇の取り方で大型連休の取得も可能です。

しっかりと計画を立てて、有意義なゴールデンウイークを過ごしましょう。

 

おすすめの記事