スポンサーリンク

季節の移り変わりを花と祝祭で感じる「フラワーフェスティバル」が、ヨーロッパの街並みを再現した総合テーマパーク「長崎ハウステンボス」で開催されます。

広大な敷地で幻想的な世界を演出してくれるフラワーフェスティバルを、一度見に行く価値は十分にあります。

そこで今回、2021長崎ハウステンボス「フラワーフェスティバル」の日程とアクセス方法など解説していきます。

「フラワーフェスティバル」日程

開催期間は2021年2月27日(土)から7月9日(金)までの約4カ月間に渡って開催されます。

季節の移り変わりを花と祝祭で感じる祭典「フラワーフェスティバル」は

 季節によってさまざまな花々で楽しむことができます。

100万本の「チューリップ祭」 2/6(土)~4/4(日)

アジア最大級「バラ祭」 5/8(土)~5/30(日)

日本最多品種「あじさい祭」 5/29(土)~6/27(日)

など、全てのイベントが見どころであり、心も体も花で満たされ癒されます。

100万本の「チューリップ祭」

開催期間 2021年2月6日(土)から4月4日(日)

本場ヨーロッパの街並みを再現したハウステンボスで、100万本のチューリップが彩る「チューリップ祭」が開催されます。

おすすめスポットとして、花の広場(アムステルダム広場)は街の中心になっていて、季節の花とショーが楽しめます。

SNS映えする人気フォトスポットでもあり、蝶(チョウ)のイスなどに座って写真が撮れます。

また、チューリップと風車の調和が絶妙な「フラワーロード」は、何色もの色鮮やかなチューリップ畑になっており、広大なその景色はまさに圧巻です。

場内でも随一のフォトスポットになっております。

アジア最大級「バラ祭」

開催期間 2021年5月8日(土)から5月30日(日)

2000品種130万本のバラの数、その規模はアジア最大級になります!

そのなかでも、おおすすめの5大スポットがあります。

2000品種ものバラが集う「グランドローズガーデン」

水の流れとバラが織りなす絶景「バラの運河」

その他に「バラの宮殿」や「花の広場」そして「薔薇のホテル」があり、どのスポットも十分に楽しませてくれます。

日本最多品種「あじさい祭」

開催期間 2021年5月29日(土)から6月27日(日)

見ているだけで涼しさを感じさせる「あじさい」は、雨の日でもその美しさにうっとりします。

その他にもカーネーションやさくら、ゆりなど季節の花が登場し、場内を彩ります。

スポンサーリンク

アクセス方法など

【アクセス方法】
▼アクセス
【電車の場合】
 JRハウステンボス駅からすぐ
【車の場合】
 西九州道「佐世保大塔IC」から針尾バイパス経由約8km

▼住所
 長崎県佐世保市ハウステンボス町1-1

▼TEL(問合せ)
 0570-064-110
(ハウステンボス総合案内ナビダイヤル)

※詳しくはこちらのハウステンボス公式ホームページを参照ください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アトラクションやイベント、ショップの多さにはおどろくばかりです。

レストランも季節限定のメニューやご当地グルメなど盛りだくさんです。

地元食材もふんだんに使用しています。

直営ホテルも充実しており、なかでも世界初のロボットホテル「変なホテル」には興味がありますね!

是非、一番大切な家族や友人、またカップルで素敵な思い出を作って頂ければと思います。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事