10月になると、秋らしい爽やかな気候になり、過ごしやすい日が多くなってきました。

紅葉も始まり、ご家族や友人とピクニックやキャンプをしたり、アウトドアには最適の季節ですよね。

また、実りの秋、食欲の秋、スポーツの秋など、秋は楽しみ方もいろいろあります。

そこで今回、10月のイベントや行事、記念日の紹介、またそれらの意味や楽しみ方もあわせてご案内致します。

10月のイベントや行事、記念日を紹介

それでは、10月のさまざまなイベントや行事、記念日をご紹介いたします。

衣替え(10月1日)

日本では、制服を着用している会社や学校などでは、季節や時期に合わせて衣替えをします。

一般的に、夏服は6月1日~9月30日、そして冬服が10月1日~5月31日とされています。

また、制服と関係のない生活をしていても、この時期を目安に衣類の整理整頓をしておいた方が良いでしょう。

赤い羽根共同募金(10月1日~12月31日)

共同募金は、昭和22年(1947年)に、市民主体の民間運動としてスタートしました。

そして、翌年から寄付をすることにより、証として「赤い羽根」を渡すようになり、

「赤い羽根共同募金」と呼ばれるようになりました。

初めは、第2次世界大戦後の復興を支えるため、被災した福祉施設を支援して、その後「社会福祉法」という法律に基づき、地域福祉の推進のために活用されてきました。

スポーツの日(10月第二月曜日)

「スポーツの日」

皆さんご存じの方もいらっしゃると思いますが、以前は10月10日は「体育の日」として親しまれていました。

「体育の日」が制定された由来は、昭和39年(1964年)に日本で初めて開催された大会『東京オリンピック』の開会式が10月10日に行われたことを記念して制定されました。

しかし、体育の日が「国民の祝日」として制定されたのは、東京オリンピックが開催された年ではありません。

昭和41年(1966年)に公布された「国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律」によって制定されました。

平成12年(2000年)より「ハッピーマンデー制度」の導入により、これまでの「10月10日」から10月の第2月曜日に変更されました。

そして、令和2年(2020年)に「スポーツの日」に名称が改名されました。

2020年は東京オリンピック・パラリンピックが開催予定でしたので、2020年に限り7月24日(金)にスポーツの日が移動しています。

東京オリンピック・パラリンピックは、新型コロナウイルスの影響で2021年に延期になりましたが、2020年のスポーツの日は変更ありません。

尚、2021年については今のところ正式決定されていません。

神嘗祭(10月17日)

神嘗祭(かんなめさい)とは、

宮中と伊勢神宮で行われる五穀豊穣を感謝する、毎年10月17日に行われる伝統的なイベントです。

その年の最初に収穫した初穂(稲穂)を天照大神に奉納する収穫祭になります。

現在に至っては、一般的にあまり知られていない行事ですが、1874年~1947年までは祝祭日として指定されていました。

秋の読書週間(10月27日~11月9日)

10月27日~11月9日、文化の日(11月3日)を中心に2週間実施されるのが「秋の読書週間」です。

この時期になると、イベントやキャンペーンを実施する学校も増えてきましたよね。

秋の読書週間の歴史は以下になります。

終戦まもない1947年(昭和22)年、まだ戦火の傷痕が至るところに残っているなかで「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと、出版社・取次会社・書店と公共図書館、そして新聞・放送のマスコミ機関も加わって、11月17日から、第1回『読書週間』が開催されました。 そのときの反響はすばらしく、翌年の第2回からは期間も10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)と定められ、この運動は全国に拡がっていきました。
 そして『読書週間』は、日本の国民的行事として定着し、日本は世界有数の「本を読む国民の国」になりました。
 いま、電子メディアの発達によって、世界の情報伝達の流れは、大きく変容しようとしています。しかし、その使い手が人間であるかぎり、その本体の人間性を育て、かたちづくるのに、「本」が重要な役割を果たすことはかわりありません。
暮らしのスタイルに、人生設計のなかに、新しい感覚での「本とのつきあい方」をとりいれていきませんか。

 『読書週間』が始まる10月27日が、「文字・活字文化の日」に制定されました。よりいっそうの盛りあがりを、期待いたします。

出典:公益社団法人 読書推進運動協議会 http://www.dokusyo.or.jp/jigyo/jigyo.htm#より引用

ハロウィン(10月31日)

10月を代表するイベント「ハロウィン」

近年、盛り上がりをみせているハロウィンは、毎年10月31日に実施されるイベントです。

仮装を楽しんだりかぼちゃのお菓子を買ったり、友人知人とお菓子を交換したり、気軽にハロウィンの雰囲気が楽しめますね。

日本でも定着したハロウィンですが、起源はどのようなものなのでしょう?

もとは、古代ケルト人のお祭りで、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭りだそう。

これがアメリカに伝わり、亡き聖人たちを祭るカトリックの行事として、「ハロウィン」という行事として確立していったとされています。

そうしたことから本来は、魔物に連れて行かれないように、魔女やお化けといった格好に仮装するのだそうです。

現在の日本では、その仮装のお祭り的要素のみが伝わってきているようなので、近年のハロウィンでは、その年の流行や人気のキャラクターに仮装して楽しんでいるようですね!

まとめ

気持ちの良い気候となる10月ですので、アウトドアやスポーツ、そしてお散歩など、心地よい汗を流したりと、とても良い時期ですよね。

また、ゆったりと読書をするのもおすすめです。

それぞれの楽しみ方でリラックスをして、充実の秋をお過ごしください。

 

おすすめの記事