ハロウィンといえば皆さんは何を思い浮かべますか?

それは「かぼちゃ」ではないでしょうか。

このかぼちゃは「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれ、中をくり抜いてろうそくを灯し、ランプ、日本式で言えば提灯(ちょうちん)のような役割をして玄関や窓辺に飾られます。

でもこれにはどういった意味や理由があるのでしょうか?

そこで今回、ハロウィンで使うかぼちゃの提灯(ちょうちん)の意味や、また飾る理由について調べてみましょう。

そもそもハロウィンとは?

秋のイベントとして、近年人気が定着してきたハロウィンですが、そもそもハロウィンとは何なのでしょうか。

下記の内容を見てみましょう。

ハロウィン、あるいはハロウィーンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは悪魔やサウィンなどを崇拝し、生贄を捧げる宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対しては、本来、キリスト教にとっては異教徒の祭りであることから、キリスト教教会においては、容認から否定まで様々な見解がある(後述)。

出典:ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/より引用

かぼちゃの提灯の意味と飾る理由とは?

ハロウィンといえば、かぼちゃですよね。

このくり抜いて作られていたかぼちゃは

「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれる灯具(ちょうちん)のことを言います。

これは祖先などの死者の魂を迎えて、また悪霊を遠ざけるためにランタンに火を灯すとされています。

また、亡くなった家族など大切な人たちの魂が迷わないように、道案内をする役割も担っていると言われています。

もとはかぼちゃではなく「カブ」をくり抜いて作られていたとされていました。

しかし、ハロウィンがアメリカに伝わった際に、アメリカではカブに馴染みがなく、その代わりに収穫量が多いかぼちゃをくり抜いて使ったそうです。それが現在に至っているようです。

現在でもアイルランドやスコットランドなどでは、カブをくり抜いて飾っている地域もあるようですよ。

合言葉「Trick or Treat」とは

ハロウィンの日には合言葉「Trick or Treat!」

「トリック・オア・トリート、お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!」という言葉を言いながら、子どもたちが家々を回る風習があります。

子どもたちから「Trick or Treat!」と言われたら、大人たちは「ハッピーハロウィン!」と答えて、お菓子を渡すのがルールになっています。

お菓子には悪霊を追い払う意味があるとされており、仮装した子ども達にお菓子を渡して、その悪霊を追い払うというのが現在に至ったとも言われています。

 

≪合わせてこちらの記事も参考にしてください≫

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ハロウィンについて、かぼちゃの提灯の意味やまた飾る理由などについて説明してきました。

日本でのハロウィンは、意味や由来などはあまり知られてはなく、本来のハロウィンとはあまり関係が無いことが分かりましたね。

年間行事のイベントなど、日本は海外文化を日本式に発展させて楽しんでいるところがありますよね。

各地でさまざまなイベントが開催されていますので、ご家族や友人と一緒にハロウィンを満喫しましょう!

 

おすすめの記事